見出し画像

つながることでミライをつくる! 労働組合役員のコミュニティの話

みなさんこんにちは! 働くマナビバです。

私たちが、労働組合役員同士のコミュニティ「ReUnion Village」を立ち上げてから、構想段階も含むともうすぐ1年が経とうとしています。

ReUnion Village」は、労働組合の役員のみなさんの思いがつまったあたたかい場となり、つながりからさまざまな活動が生まれています。

今回は、そんな「ReUnion Village」での動きをご紹介します✨

とその前に!

そもそもこのコミュニティ「ReUnion Village」って?

「ReUnion Village」は、「働く人」のための活動に悩む組合役員をつなぎ、ミライに向けた議論をはぐくみ、新たな活動へとつむいでいくコミュニティです。現在、40名を超える労働組合役員の方と一緒に「共同」「共助」「共働」「共創」を合言葉に、さまざまな活動をしています。

「ReUnion Village(=村)」と名付けたのは、組織の枠組みを超えていろいろな相談ができる場であり、お互いの持つ情報や知識、多様な価値観やアイデアを持ち寄って教え合い、学び合う場にしたいという思いからです。

孤独な(?)組合役員が、エネルギーチャージできる場所

私たちは、毎月1回メンバー全員で顔を合わせる場を設けています。
ここでは、最近の組合活動の進捗や、気になることや、課題などを共有したり、特定のトークテーマを決めてディスカッションを行っています。

この場が、とっても最高なのです✨

ある参加メンバーがこんなコメントをくれました。
「労働組合の役員って結構孤独なんです。組合員のため、会社のためとさまざまな活動をがんばっているけれど、なかなか協力されづらかったり、理解されづらい一面がある。そんなとき、自分の気持ちを理解してくれたり、相談に乗ってくれる場が自分の組織以外にあることが、こんなにも心強いものだとは」

このコメントに共感される組合役員さんは、多いのではないでしょうか。

このコミュニティは、アイデアの創発だけでなく、「よし明日からまたがんばろう」と自分の組織で活躍するためのエネルギーチャージができる、そんなあたたかな居場所にもなっているんだなと感じます。


実験ができる場でもある

こうした月1回の顔合わせの場から生まれたアイデアを具現化しようと、いろいろな活動も生まれています。

例えば、いま働く人々で話題の「自律的キャリア」

参加メンバーの組合役員さんも、「組合員の自律的キャリア支援」という観点はとても関心がある分野です。

そこで、「自律的キャリア」を探求すべく、興味のあるメンバーでキャリアに対する対話をしたり、自分自身の内なるキャリアと向き合うためのワークショップを実施したりと、自分たちで模索しながらみんなで解を見つけていくためにさまざまな取り組みを実施しています。
(深い気づきがあるので、またこのnoteでご紹介していきます!)


他には、きっとどの組合役員さんもご関心が高い分野である「広報活動」

「労働組合の役員は孤独」と書きましたが、その要因の一つにあるのが組合員の労働組合への理解の少なさではないでしょうか?

どうしたら一人一人が「働く」を良くするために労働組合の活動にもっと参画できるのか、そのために労働組合は何を伝えていくべきなのか。

この辺のお悩みに共感するメンバーで、広報に関するアイデアを出し合い、取り組みをしています。

↓例えば、こんな活動です。

このように、労働組合のお悩みは組織を超えて共通しているものもあります。
組織を超えてつながりアイデアを創発させて、自組織の活動に生かしていくことが、このコミュニティの強みでもあります。

労働組合には可能性があふれている

今回は、概要だけですがReUnion Villageの活動に参加してみて、感じることは「労働組合には可能性があふれている」ということです。

労働組合の活動は、これまでの集団的労使関係だけでなく、多様化された働く人一人一人への対応という領域に活動が拡大されています。

より複雑化している難しさの中で、立ち止まりそうになったら、ぜひReUnion Villageに来てみてください。
自組織の中だけにとどまっていた活動が、さまざまな人とつながることで、視野を広げがり、見えてくる世界が変わる可能性があります。
(実は、この悩んでいた活動はチャンスや可能性がたくさんある、わくわくする機会だったという気づきに変わるかも)

ReUnion Villageは、これからもつながりでミライをつくる活動をしていきます。

詳細な活動は随時noteにアップしていきますので、ぜひお楽しみ!


「ReUnion Village」にご関心のある、労働組合の役員の方がいたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。


この記事が参加している募集

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!