マガジンのカバー画像

BEST主義の視点

13
労働組合が取り組むべき「労使関係」についてj.union株式会社名誉会長​であり、経済学博士(國學院大學)である西尾力“BEST主義※の視点”で鋭く分析します! ※BEST主義…
運営しているクリエイター

記事一覧

【No.13】個別労使交渉・協議力(発言力)が発揮されると労働成果を高める

j.union社の“WEBメディア―勉強note「働く×マナビバ」”開設にあたり、これから趣を新たにし…

2

【No.12】被評価者セミナー(被考課者訓練)は、個別労使交渉・協議力(発言力)と職場の…

j.union社の“WEBメディア―勉強note「働く×マナビバ」”開設にあたり、これから趣を新たにし…

5

【No.11】労働生産性を高めるためにも、個別労使交渉・協議力(発言力)と職場の自主管…

j.union社の“WEBメディア―勉強note「働く×マナビバ」”開設にあたり、これから趣を新たにし…

8

【No.10】被評価者セミナー(被考課者訓練)は個別的労使関係を改善し、上司部下間のWin…

j.union社の“WEBメディア―勉強note「働く×マナビバ」”開設にあたり、これから趣を新たにし…

9

【No.9】賃金・労働条件の個人処遇化に、個別的労使関係での分権的組合活動が必要だと…

j.union社の“WEBメディア―勉強note「働く×マナビバ」”開設にあたり、これから趣を新たにし…

3

【No.8】能力主義管理を受容するも、職場の自主管理に取り組む日本の労働組合

j.union社の“WEBメディア―勉強note「働く×マナビバ」”開設にあたり、これから趣を新たにし…

9

【No.7】能力主義管理(人事査定)を是とする日本の労働者には、目標管理・人事考課制度等の各面談を個別労使交渉・協議にする必要がある

j.union社の“WEBメディア―勉強note「働く×マナビバ」”開設にあたり、これから趣を新たにして、私の遺書として上梓した西尾力(2023)『「我々は」から「私は」の時代へ―個別的労使関係での分権的組合活動が生み出す新たな労使関係』日本評論社の内容紹介を兼ねて、シリーズにて「個別的労使関係での分権的組合活動の理論と手法」を綴っていきます。 ※前回の記事はこちらから 今月は、個別的労使関係での個別労使交渉・協議を必要とする先行研究として、黒田(1992)と鈴木(1994

【No.6】労働力取引には、個別的労使関係での発言と合意、人事考課=査定を対等にして…

j.union社の“WEBメディア―勉強note「働く×マナビバ」”開設にあたり、これから趣を新たにし…

5

【No.5】労働組合活動の再活性化の切り札とし登場したUI運動も、個別的労使関係の課…

j.union社の“WEBメディア―勉強note「働く×マナビバ」”開設にあたり、これから趣を新たにし…

8

【No.4】創成期以来の労働者の地位改善要求は、個別的労使関係の分権的組合活動に関わ…

j.union社の“WEBメディア―勉強note「働く×マナビバ」”開設にあたり、これから趣を新たにし…

8

【No.3】「個別的労使関係での分権的組合活動」という仮説設定とその前提

j.union社の“WEBメディア―勉強note「働く×マナビバ」”開設にあたり、これから趣を新たにし…

6

【No.2】「個別的労使関係での分権的組合活動」という問題意識

j.union社の“WEBメディア―勉強note「働く×マナビバ」”開設にあたり、これから趣を新たにし…

【No.1】オープン・イノベーション(個別的労使関係での組合活動の創造)の必要性

j.union社の“WEBメディア―勉強note「働く×マナビバ」”開設にあたり、これから趣を新たにし…