働く×マナビバ

j.union株式会社の社員がさまざまな取材や勉強を通して学んだことをまとめ、これからの… もっとみる

働く×マナビバ

j.union株式会社の社員がさまざまな取材や勉強を通して学んだことをまとめ、これからの時代の働くを支える組合活動を通じて働く人々の未来のビジョンやライフの在り方について「働く」「組織」「社会」の観点から考えていく「勉強note」です。

記事一覧

固定された記事

一人一人が「働くわたし」を考えるための勉強noteを始めます

はじめまして、j.unionです。 私たちは、働く人々が「働く」ということを自分たち自身の手で、よいものにしていくための活動、すなわち、労働組合活動の支援を専門にしてい…

29

労働組合活動の再活性化の切り札とし登場したUI運動も、個別的労使関係の課題解決であった

j.union社の“WEBメディア―勉強note「働く×マナビバ」”開設にあたり、これから趣を新たにして、私の遺書として上梓した西尾力(2023)『「我々は」から「私は」の時代へ―…

「会社は誰のもの」~倫理を失った資本主義の末路~

このコラムは、元連合副会長・元JCM議長(現顧問)・元電機連合委員長(現名誉顧問)である鈴木勝利顧問が、今の労働組合、組合役員、組合員に対して本当に伝えたいことを…

創成期以来の労働者の地位改善要求は、個別的労使関係の分権的組合活動に関わるもの

j.union社の“WEBメディア―勉強note「働く×マナビバ」”開設にあたり、これから趣を新たにして、私の遺書として上梓した西尾力(2023)『「我々は」から「私は」の時代へ―…

3

欲望が資本主義を生み、行き過ぎた欲望をコントロールするのが労働組合

このコラムは、元連合副会長・元JCM議長(現顧問)・元電機連合委員長(現名誉顧問)である鈴木勝利顧問が、今の労働組合、組合役員、組合員に対して本当に伝えたいことを…

7

【インタビューvol.1】組合の新しい可能性を探る

労働組合に関わるさまざまな人(労働組合役員やOG・OBなど)に「労働組合の新しい可能性」についてお話を伺うインタビューシリーズです。 第一回目となる今回は、自動車系…

23

「個別的労使関係での分権的組合活動」という仮説設定とその前提

j.union社の“WEBメディア―勉強note「働く×マナビバ」”開設にあたり、これから趣を新たにして、私の遺書として上梓した西尾力(2023)『「我々は」から「私は」の時代へ―…

4

どうする日本人 1000兆円の借金

このコラムは、元連合副会長・元JCM議長(現顧問)・元電機連合委員長(現名誉顧問)である鈴木勝利顧問が、今の労働組合、組合役員、組合員に対して本当に伝えたいことを…

8

「個別的労使関係での分権的組合活動」という問題意識

j.union社の“WEBメディア―勉強note「働く×マナビバ」”開設にあたり、これから趣を新たにして、私の遺書として上梓した西尾力(2023)『「我々は」から「私は」の時代へ―…

7

「近親憎悪・同族嫌悪」

このコラムは、元連合副会長・元JCM議長(現顧問)・元電機連合委員長(現名誉顧問)である鈴木勝利顧問が、今の労働組合、組合役員、組合員に対して本当に伝えたいことを…

11

オープン・イノベーション(個別的労使関係での組合活動の創造)の必要性

j.union社の“WEBメディア―勉強note「働く×マナビバ」”開設にあたり、これから趣を新たにして、私の遺書として上梓した西尾力(2023)『「我々は」から「私は」の時代へ―…

7

「今、そこにある労働組合への期待」

このコラムは、元連合副会長・元JCM議長(現顧問)・元電機連合委員長(現名誉顧問)である鈴木勝利顧問が、今の労働組合、組合役員、組合員に対して本当に伝えたいことを…

11

【労働組合の魅力を「わかりやすく」説明することに挑戦するノート】シリーズ1/はじめに

みなさんこんにちは!「働く×マナビバ」へようこそ。 私たちの「働く」は、私たちが望む/望まざるに関わらずに変わっていく昨今、日本社会では生産性向上を目指す「働き…

18

経済同友会の提言に、どうする労働組合!

このコラムは、労働組合が取り組むべき「労使関係」についてj.union株式会社名誉会長​であり、経済学博士(國學院大學)である西尾力“BEST主義※の視点”で鋭く分析しま…

17
一人一人が「働くわたし」を考えるための勉強noteを始めます

一人一人が「働くわたし」を考えるための勉強noteを始めます

はじめまして、j.unionです。
私たちは、働く人々が「働く」ということを自分たち自身の手で、よいものにしていくための活動、すなわち、労働組合活動の支援を専門にしているおそらく日本で唯一の会社です。
 
初回投稿は、j.unionってどんな会社?についての自己紹介と、
私たちがこのnote「働く×マナビバ」で何を発信し、みなさんとどのような交流をしていきたいか、お伝えさせてください。

「『働く

もっとみる
労働組合活動の再活性化の切り札とし登場したUI運動も、個別的労使関係の課題解決であった

労働組合活動の再活性化の切り札とし登場したUI運動も、個別的労使関係の課題解決であった

j.union社の“WEBメディア―勉強note「働く×マナビバ」”開設にあたり、これから趣を新たにして、私の遺書として上梓した西尾力(2023)『「我々は」から「私は」の時代へ―個別的労使関係での分権的組合活動が生み出す新たな労使関係』日本評論社の内容紹介を兼ねて、シリーズにて「個別的労使関係での分権的組合活動の理論と手法」を綴っていきます。
※前回の記事はこちらから

ここからは、1980年代

もっとみる
「会社は誰のもの」~倫理を失った資本主義の末路~

「会社は誰のもの」~倫理を失った資本主義の末路~

このコラムは、元連合副会長・元JCM議長(現顧問)・元電機連合委員長(現名誉顧問)である鈴木勝利顧問が、今の労働組合、組合役員、組合員に対して本当に伝えたいことを書き綴るものです。

 今、私たちが当たり前に過ごしている資本主義という経済・社会システムはいつ頃誕生したのか。遡(さかのぼ)ればそれは、産業革命後のアメリカの独立革命やフランス革命などの時期に確立されたといってよい。

 産業革命前の権

もっとみる
創成期以来の労働者の地位改善要求は、個別的労使関係の分権的組合活動に関わるもの

創成期以来の労働者の地位改善要求は、個別的労使関係の分権的組合活動に関わるもの

j.union社の“WEBメディア―勉強note「働く×マナビバ」”開設にあたり、これから趣を新たにして、私の遺書として上梓した西尾力(2023)『「我々は」から「私は」の時代へ―個別的労使関係での分権的組合活動が生み出す新たな労使関係』日本評論社の内容紹介を兼ねて、シリーズにて「個別的労使関係での分権的組合活動の理論と手法」を綴っていきます。
※前回の記事はこちらから

前号までの3回で、西尾(

もっとみる
欲望が資本主義を生み、行き過ぎた欲望をコントロールするのが労働組合

欲望が資本主義を生み、行き過ぎた欲望をコントロールするのが労働組合

このコラムは、元連合副会長・元JCM議長(現顧問)・元電機連合委員長(現名誉顧問)である鈴木勝利顧問が、今の労働組合、組合役員、組合員に対して本当に伝えたいことを書き綴るものです。

 人類の文明や文化の発展の歴史。表面上では素晴らしいの一言に尽きる歴史だが、見方を変えれば、その発展は人間の欲望の歴史ともいえる。欲望と一言で言っても、内実は、尽きない発展への関心や興味、人間の尊厳への敬意など、さま

もっとみる
【インタビューvol.1】組合の新しい可能性を探る

【インタビューvol.1】組合の新しい可能性を探る

労働組合に関わるさまざまな人(労働組合役員やOG・OBなど)に「労働組合の新しい可能性」についてお話を伺うインタビューシリーズです。

第一回目となる今回は、自動車系の労働組合にて書記長をご経験し、現在は石油化学メーカーの人事部門にて主に役員制度に関する業務に携わる松添氏にインタビューさせていただきました。
労働組合役員時代のご経験を紐解きながら、組合役員と人事の両方のご経験を持つ松添氏だから見え

もっとみる
「個別的労使関係での分権的組合活動」という仮説設定とその前提

「個別的労使関係での分権的組合活動」という仮説設定とその前提

j.union社の“WEBメディア―勉強note「働く×マナビバ」”開設にあたり、これから趣を新たにして、私の遺書として上梓した西尾力(2023)『「我々は」から「私は」の時代へ―個別的労使関係での分権的組合活動が生み出す新たな労使関係』日本評論社の内容紹介を兼ねて、シリーズにて「個別的労使関係での分権的組合活動の理論と手法」を綴っていきます。
※前回の記事はこちらから

成果主義的な人事管理制度

もっとみる
どうする日本人 1000兆円の借金

どうする日本人 1000兆円の借金

このコラムは、元連合副会長・元JCM議長(現顧問)・元電機連合委員長(現名誉顧問)である鈴木勝利顧問が、今の労働組合、組合役員、組合員に対して本当に伝えたいことを書き綴るものです。

 国が税収以上の支出をすれば当然のように借金でそれをまかなう。洋の東西を問わず、昔から権力者(国王)が国を統治していれば、国王は簡単に借金を帳消しにしていたが、高い金利が求められていた。そこで議会が将来得られる税収を

もっとみる
「個別的労使関係での分権的組合活動」という問題意識

「個別的労使関係での分権的組合活動」という問題意識

j.union社の“WEBメディア―勉強note「働く×マナビバ」”開設にあたり、これから趣を新たにして、私の遺書として上梓した西尾力(2023)『「我々は」から「私は」の時代へ―個別的労使関係での分権的組合活動が生み出す新たな労使関係』日本評論社の内容紹介を兼ねて、シリーズにて「個別的労使関係での分権的組合活動の理論と手法」を綴っていきます。
※前回の記事はこちらから

それでは、ここからより詳

もっとみる
「近親憎悪・同族嫌悪」

「近親憎悪・同族嫌悪」

このコラムは、元連合副会長・元JCM議長(現顧問)・元電機連合委員長(現名誉顧問)である鈴木勝利顧問が、今の労働組合、組合役員、組合員に対して本当に伝えたいことを書き綴るものです。

昔から「近親憎悪」という言葉がある。
これは他人との好悪の感情よりも、関係が近く深いものに対して抱く憎しみの感情の方が強いことを意味している。具体的にいえば、血縁が近い者同士や、あるいは性格、立場が似通っているなどの

もっとみる
オープン・イノベーション(個別的労使関係での組合活動の創造)の必要性

オープン・イノベーション(個別的労使関係での組合活動の創造)の必要性

j.union社の“WEBメディア―勉強note「働く×マナビバ」”開設にあたり、これから趣を新たにして、私の遺書として上梓した西尾力(2023)『「我々は」から「私は」の時代へ―個別的労使関係での分権的組合活動が生み出す新たな労使関係』日本評論社の内容紹介を兼ねて、シリーズにて「個別的労使関係での分権的組合活動の理論と手法」を綴っていきます。

第1回目は、「オープン・イノベーション(個別的労使

もっとみる
「今、そこにある労働組合への期待」

「今、そこにある労働組合への期待」

このコラムは、元連合副会長・元JCM議長(現顧問)・元電機連合委員長(現名誉顧問)である鈴木勝利顧問が、今の労働組合、組合役員、組合員に対して本当に伝えたいことを書き綴るものです。
__________________________________

世に犯罪が起きるたびに、犯人や容疑者の素性、犯罪に至るまでの過去の日常生活が詳(つまび)らかにされる。そしてその多くは犯人が自らか、他者のせいかは

もっとみる
【労働組合の魅力を「わかりやすく」説明することに挑戦するノート】シリーズ1/はじめに

【労働組合の魅力を「わかりやすく」説明することに挑戦するノート】シリーズ1/はじめに

みなさんこんにちは!「働く×マナビバ」へようこそ。

私たちの「働く」は、私たちが望む/望まざるに関わらずに変わっていく昨今、日本社会では生産性向上を目指す「働き方改革」や、「ダイバーシティ&インクルージョン」「イノベーション」「DX推進」「心理的安全性」などのさまざまなキーワードに彩られて「働く」が語られています。社会の雇用慣行は新たなものに移り変わろうとし、企業は事業戦略を見直しはじめ、私たち

もっとみる
経済同友会の提言に、どうする労働組合!

経済同友会の提言に、どうする労働組合!

このコラムは、労働組合が取り組むべき「労使関係」についてj.union株式会社名誉会長​であり、経済学博士(國學院大學)である西尾力“BEST主義※の視点”で鋭く分析します!
※BEST主義とは、労働組合の活動を「明るく(Bright)、楽しく(Enjoy)、元気よく(Spirits)」行うためにとるべき思考(Thought)方法です。

経済同友会の「働き方改革委員会」が、2023年1月27日

もっとみる